レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ

あらすじ

1970年初頭にゲリラ活動を行っていた左翼グループの「革命者連盟」と「赤色軍」が始めた武装闘争。山岳ベースで準備をしていた彼らは、「総括」という言葉と共に、リンチを次々に始める。作者の前作『レッド』は雑誌「イブニング」で2013年23号で1度連載を中断。2014年5号から新章としてこの作品がスタートした。物語は『レッド』8巻から直接つながっている。ほとんどの登場人物にはモデルになっている人物がおり、主要人物の中で、死亡する人物には順番に数字が振られている。また、登場人物がどこで捕まり、いつ刑を受けるのかの日数が、細かくカウントされて表記される。前作『レッド』は2010年、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

登場人物・キャラクター

  • 赤城
  • 高千穂 三郎
  • 薬師
  • 黒部 一郎
  • 天城
  • 磐梯
  • 安達 幸一
  • 神山
  • 苗場

出典: マンガペディア

今すぐ無料で読む