聖マッスル

あらすじ

記憶をなくした主人公聖マッスルは、たくましい筋肉を持つ青年。自分を知っている者を探すため、荒廃した死の都市、権力者が圧政をしく恐怖の都市、繁栄する巨人王の都市、巨大鯨と闘う北の大地、自由のない奴隷鉱山といった世界を放浪する。原作は宮崎惇。復刻された単行本に掲載された、当時の編集者インタビューによると、『女犯坊』を見てふくしまの絵に惚れ込んで週刊少年マガジンに招いた。原作も、まずふくしまの描きたいシーンありきで、それを外さずにストーリーを組み立てるという独特のスタイルだった。

登場人物・キャラクター

  • 聖マッスル主人公
  • 人間城の王
  • 巨人王
  • 巨人王の妹
  • 黒の帝王
  • 少年
  • 国一番の戦士
  • 北の魔神
  • コタンクル
  • ポイヤウンペ

出典: マンガペディア

今すぐ無料で読む

聖マッスル

ebookjapanで試し読み