女犯坊

作者
ふくしま政美 / 坂本六有
ジャンル
裏社会・アングラ
既刊
4巻

あらすじ

竜水という名の性欲旺盛で怪異な風貌の僧侶が、江戸時代末期から明治時代初期にかけて大暴れする伝奇作品。物語は江戸の街や諸国を渡り歩いき、悪党や偽善者、果ては妖怪変化をも相手に立ち回る第一部、色欲と権謀術数がうごめく大奥を舞台に、その隆盛と滅亡を描く第二部、明治時代初期の長崎を舞台に切支丹弾圧と汚職まみれの政商たちに立ち向かう第三部に分けられる。連載は1974年から1976年まで続き、2007年には掲載誌と原作者を変えて、現代日本を舞台にした続編が描かれた。最初の連載の原作は滝沢解、続編は原作坂本六有となっている。作画はいずれもふくしま政美。

登場人物・キャラクター

  • 竜水主人公
  • 岩松
  • 大僧正
  • 荒木 狂四郎
  • 姉小路
  • お美代の方
  • 井伊 直弼
  • ブーリバ
  • マリア
  • モルガンお雪

出典: マンガペディア

今すぐ無料で読む